×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vライン(ビキニライン)の脱毛処理が気になります

Vライン脱毛はデリケートな部分の脱毛処理だけに、ムダ毛処理の中でも特に気になるところです。最近ではVライン脱毛も腋や脚、腕などとともに永久脱毛の対象となってきています。本来ムダな毛などはないはずですが、冷暖房の普及で冬でもノースリーブが当たり前、ファッションの多様化で下着ラインを見せない工夫のTバック、夏の水着のハイレグ化などなど、肌の露出範囲が増えてきているのでムダ毛扱いされるようになってしまいました。ムダ毛処理とはいえ、Vラインともなるとさすがに他の部位ほど気軽な気持でエステに行けるものではないようです。とはいっても季節が夏ともなればVライン、ビキニラインも気になります。
Vライン(ビキニライン)のムダ毛処理には、カミソリなどによる除毛から医療レーザー脱毛や光脱毛による永久脱毛までさまざまな方法があります。永久脱毛はタレントさんや芸能人が通うエステサロンが口コミなどで人気となったりしています。
叶姉妹の叶恭子さん、叶美香さん、オセロの松嶋尚美さん、レースクィーンの堀口としみさんなどの経験談は有名となりました。しかし完全脱毛を目的とした永久脱毛は、医療行為との関係や治療期間の点で事前の入念な準備が必要となります。
そこで、脱毛クリームを利用したVライン脱毛を検討してみましょう。
脱毛クリームを組み合わせて使ったり、自分の肌や毛質などに合わせて工夫できる範囲が広いので、まずは家庭で試してみるのもアイデアです。

脱毛クリームを利用したVライン(ビキニライン)脱毛の方法

脱毛クリームには体の他の部位にも利用できるクリームとVラインの脱毛を目的としたクリームがあります。また毛根に働きかける永久脱毛を目的としたクリームから、除毛目的クリーム、脱毛の補助手段としてのクリームまでさまざまです。最近では多種多様のクリーム手に入るようになりましたので、エステだけでなく家庭でも利用できるようになっています。
脱毛クリームの利用を効果的にするには、他の脱毛手段と併用するのが良いといわれています。たとえば毛根への浸透力が強い脱毛クリームを使いながら、その脱毛効果を促進させてあげるローションやクリームを利用することなどです。
発毛自体を抑えようとするクリームには医薬部外品でエピクリアクリームやマジーナクリームがあります。これらのクリームには発毛を抑える成分が含まれているので、毛が生え変わるサイクルに応じて定期的に使えば毛の成長を遅らせることができます。
これら発毛を抑制する効果のあるクリームと併用して使うと良いものには、脱毛ジェルや豆乳ローションなどがあります。脱毛ジェルは脱毛した後に塗れば効果が出ますし、豆乳ローションには大豆イソフラボンパワーによる美肌・美白などの副次的効果もあります。またブロメラインという消化酵素を含んだ豆乳ローションは、脱毛効果をさらに高めることを目的に開発されたローションです。
Vライン脱毛でエステに行くのはちょっと、という人はこれらクリームの利用方法の検討から始めてはいかがでしょうか。完全脱毛まで行かなくても毛質が弱くなり毛が薄くなるだけでもその後の処理が楽になると思います。
毛質、毛量、毛周期、肌の質など人により大きく異なりますから自分に合ったクリームを探し、クリームの組み合わせや使用工夫を検討すると良いでしょう。IKKOさんもBBクリームへ行き着くまで多くのクリームを試したそうです。

クリーム脱毛の長所短所、エステ選びの注意

クリーム脱毛は、体毛の主成分に働きかけて体毛自体を弱らせる点に特徴があります。毛の主成分はタンパク質です。脱毛クリームは、タンパク質がアルカリ性に弱い性質を持っていることを利用しています。また、永久脱毛を目的としたクリームで、発毛を抑える成分を配合したクリームも登場しています。商品説明によれば尿素やオレンジ油、アロエエキスなどの保湿剤も配合されていますから、肌の弱い人にも良いかもしれません。
脱毛クリームに含まれる毛を弱める成分が肌にも影響を及ぼすため、Vラインなど、脱毛部位の肌に対し、脱毛前のパッチテストが不可欠となります。パッチテストを行わないエステは注意してください。脱毛したい部位の毛量や毛質、肌の状態など客観的にチェックすることでクリーム脱毛の手順も変わりますので、施術前にはテストは欠かせないからです。
脱毛クリームを使った場合の長所は、処理が手軽で時間とコストの節約になること、カミソリのように肌を直接削らないこと、痛みがないことなどです。
脱毛クリームの短所としては、肌に直接塗るため、肌の表面にある保護膜がクリーム成分による影響を受けること、脱毛クリームの臭いがあることなどの他、アレルギー、かぶれなど肌への影響が大きいことです。自分の肌の性質を理解し、脱毛クリーム使用前のバッチテストを確実にクリアした上で、クリーム脱毛を始めなくてはなりません。
脱毛クリームの実際の使用に際しても、脱毛クリームの塗布時間を守り、残ってしまった場合は他の方法で処理するなど、細心のケアが必要となります。
エステサロンで行うクリーム脱毛は、バッチテストを行った上で、永久脱毛を目的として、毛の成長や肌の変化に注意しながら行われます。成功すれば定期的なムダ毛処理から解放される治療方法です。

Copyright © 2008 Vライン(ビキニライン)の脱毛処理をクリーム脱毛でする方法